よくある質問をみる

『社会保険料劇的削減プラン』
実践者のあなたへ


こんにちは、田中正博です。

やっと完成しました!
これは『社会保険料劇的削減プラン』を
今よりも、もっと、もっと“爆販”したいあなたのためのものです。

どういうことか説明させてください。

プロフィール画像

実は、これまでに『社会保険料劇的削減プラン』の実践者から「会員サポートサイト」を通じて123件もの相談メールが寄せられています。もしかすると、今このページをご覧になっているあなたも、相談メールを送ってくれた1人かもしれませんね。(その節はありがとうございました)

当然、僕は寄せられた相談メールに対して、1通1通、必ず目を通してお返事を差し上げているわけですが、ここに来てスゴイことがわかったのです。

相談メールの中で“成功報告だけ”を数えてみると、その数なんと、29件!
獲得保険料に換算すると、“億を軽く超える好事例集”になっているではありませんか。そう、たったひとつの「保険販売ノウハウ」からこれだけの成功報告が生れていたのです。(これって、すごくないですか?)

そこで今回、過去123件の相談事例の中から!
あなたの成約率を飛躍させる“33のケーススタディ”を厳選して発表することにいたしました。そうです。『社会保険料劇的削減プラン』を爆販する秘訣を、今、ここにあなたにお届けしようというのです。

社会保険料劇的削減プランの導入事例1

これは『社会保険料劇的プラン』実践者のみが知り得る「独占情報」であり、営業現場の第一線で培われた本物の「実務ノウハウ」です。他では決して入手できない、知ることさえもできない秘密の情報源ともいえます。この「独占情報」を手に入れることで、あなたには圧倒的な「実務ノウハウ」がインストールされることになります。

ちなみに、これまでにどんな相談メールが寄せられたのかそのほんの一例をご紹介しましょう。
例えばこんな相談事例や成功報告が寄せられています。


社会保険料劇的削減プランを爆販する秘策

いつもお世話になります。先月月払い15万円の『社会保険料劇的削減プラン』が採用されました。ありがとうございました。税理士対応についての質問です。ある社長から○○○○○の記載等 税理士のソフトで管理しているので入力などをしてもらえないのではないかと言われました。税理士が社労士の分野までやっているケースも多いようです。そこで質問です。『77の一問一答集』を参考に説明して税理士に拒否されることはありますか?

前回提案済の企業が新会社設立と同時に『社会保険料劇的削減プラン』の導入を検討しています。役員報酬もこれから決めるようですが、設立と同時にプラン導入する際には○○○○、○○○○は必要ないと考えてよろしいですか?又、設立と同時にプラン導入する場合に何か注意点があれば教えていただけますでしょうか?

『社会保険料劇的削減プラン』提示の際、○○○○や○○○○を使うとありましたが、体況上の問題で謝絶されそうです。そこで、他の商品で提案しようと考えています。**生命の「○○保険」です。この商品は○○○○に比べると、戻りが少ないのですが、査定は期待できそうなのです。この商品では保険金受取人を指定できるようになっています。その際、どのように保険受取人を指定すればいいのでしょうか?

『社会保険料劇的削減プラン』を導入するにあたり、6月に契約をいただくことになりました。月払い保険料50万円の契約です。当月15日に申込書、審査、初回保険料50万円領収し、20日に成立しました。この場合、契約日は7月1日となり、初回口座振替は8月27日となります。

【質問①】
6月の保険料は4月と5月分と合わせて○○○○することになると思いますが、この際の保険料の税務処理はどうなるのでしょうか?

【質問②】
7月度保険料の引き落としはありませんが、ここでの処理はどうなりますか?

【質問③】
新しい標準報酬月額は何月から適用となるのでしょうか?

実務についての質問です。現在、懇意にしている会社の社長がいます。ここ数年業績が悪かったので役員の報酬をさげていましたが、状況が改善されたということで役員報酬を引き上げる予定だそうです。そこで『社会保険料劇的削減プラン』を活用することを提案しようと思います。さて質問ですが、このように報酬を引き上げると同時に『社会保険料劇的削減プラン』を提案する場合、注意すべき点があるでしょうか?

幸いにして『社会保険料劇的削減プラン』で成約出来そうです。ありがとうございました。そこで質問ですが、保険金額で調整した場合に保険料の端数がどうしても発生してしまいます。何か調整方法はありますか?

報酬月額150万のオーナー経営者がいます。社会保険料を削減する手法を研究されており、「役員報酬を極限まで減らして配当という形でキャッシュを得るようにすれば社会保険料は激減するのでは?」と『社会保険料劇的削減プラン』に対抗するようなことを言われるのですが、その経営者の言われる手法は本当に有効なのでしょうか?この方法に問題があるなら、『社会保険料劇的削減プラン』を成約できそうなのですが、何か切り返す良い知恵を授けて頂ければ幸いです。

まずは社長から『社会保険料劇的削減プラン』のご契約をお預かりしました。商品は○○○○○○保険の65歳払込タイプです。損金など関係ないので、少しでも払込保険料と返戻金に差がなく推移するプランにしました。社長が65歳勇退時に返戻率が100.1%です。

質問1.この場合はここで○○○○しますが、○○は大丈夫でしたよね?

同様の商品で奥様の計算をしていると、60歳の時点で返戻率が100%を超えてくるので、65歳時の○○○○では明らかに払込保険料より返戻金が増えております。であれば、65歳までの○○タイプの○○○○○○保険(65歳払込)にしておけば、

質問2.○○○○の際に返戻率80%なので○○の問題はないでしょうか?

今回のプランは社長が65歳時に勇退する前提で65歳払込み完了プランを作成しております。○○○○の後も保険料を払うタイプにしておいて、

質問3.○○○○の処理をおこなうケースとの問題点はありますでしょうか?

損金を気にする必用はない分、この返戻金の推移を気にしますね。ご教授いただければ幸いです。
このスキームを知り合いの社労士が大絶賛です!

『社会保険料劇的削減プラン』を検討してもらっている会社の社長からの質問がありました。顧問税理士が○○○○に伴い議事録を慣習として年金保険事務所に提出していたそうですが、もし○○○○するなら議事録も提出してくれとの指導が年金保険事務所からあったそうです。そこで質問です。顧問税理士が通常使用している議事録をそのまま年金事務所に提出してもよいのでしょうか?

お世話になります。おかげさまで、先日、『社会保険料劇的削減プラン』で月払い20万円の契約が決まりました。ありがとうございました。今回は現在商談中の案件で質問があります。

社長の役員報酬:620万(月額) 役員(奥様):100万(月額)

会社を複数経営されており、この他に個人の家賃収入が社長に約1200万(年収)あります。いずれ法人の節税プランはご案内するとして、『社会保険料劇的削減プラン』を導入する場合、私としては奥様に対するプラン導入を考えています。ただ、先日の商談で奥様から社長と奥様の役員報酬を1/2ずつに分けた方が税法上メリットがあるのではとの質問があり、私なりに計算しましたがさほど大きなメリットはありませんでした。私としては奥様の『社会保険料劇的削減プラン』を提案予定ですが田中さん見解をお聞かせいただければ幸いです。よろしくお願いします。

上記に対するのコメントはハイパーセレクション33に掲載しています

これは実際に僕の会社の「旅費規程」をもとに作られたものです。旅費規程?・・・と聞いて、「それが『社会保険料劇的削減プラン』と何の関係があるのか?」と思った方もいるでしょう。そう思うのも当然です。

でも実は関係あるのです。『社会保険料劇的削減プラン』の弱点。それは「手取り報酬が減る」ということですが、中には「そうなると困るな・・・」という社長もいるでしょう。そうかといって、手取り減少分を会社から持ち出すことは何かと問題(税務上)が残ります。

そこでどうするか?
ズバリ、「旅費規程」の作成を提案してみるのです。たいていの中小企業は「旅費規程」を作っておらず、旅費に関しては実費精算しています。出張に対して実費以上の「日当」を払うという発想がないからです。ところが、「旅費規程」を作ることは会社と社長に次の2つの経済メリットをもたらします。

1.非課税で資金移転できる

→ 例えば1年に出張を50日する社長がいたとして、旅費規程上の出張日当が1日2万円だとしましょう。すると、50日×2万円=「100万円」が完全非課税で社長のポケットマネーとして受け取れるというわけです。(もちろん、ここで受け取った金額には社会保険料もかかりません) ちなみに、旅費に関しても実費精算は求められませんので、新幹線の格安チケット購入などで実費との「差額」をポケットマネーとすることも可能です。

2.法人税を減らすことが出来る

→ さらに、上記の出張日当(100万円)は「旅費規程」を作ることで経費化できますので、課税所得を圧縮して法人税額の軽減につながります。そのうえ、消費税課税事業者は上記の出張日当(100万円)が課税仕入の対象になりますので、消費税軽減効果もあるわけです。

つまり、何が言いたいのか?
「旅費規程」を作ることで、“『社会保険料劇的削減プラン』導入後の手取り減少分を多少なりとも取り戻せる”ということです。しかも、社長個人には非課税で。会社は節税メリットを活かして・・・。結果として、社長と会社双方の手元に残るキャッシュを増やすことができるわけです。

手取り減少分を取り戻せ

「旅費規程」のテンプレート自体はネット上でいくらでもダウンロード可能です。ただし、それはあくまでも汎用化されたテンプレートですから、そのままの状態ではまったく使えない代物です。無論、そんなテンプレートを渡したところで社長は喜んでくれないでしょう。

その点において、今回あなたに差し上げる『節税重視型の旅費規程導入セット』は違います。実際に僕の会社で顧問税理士のチェックを経て使っているリアルな規定書式だからです。さらに、「旅費規程」の導入にあたって必要な「出張旅費精算書」「出張報告書(議事録)」「株主総会議事録」などの付属書式も付いています。

『社会保険料劇的削減プラン』を提案する際、『節税重視型の旅費規程導入セット』についてもぜひ案内してみてください。「他で手取り減少分が補填できるなら!」と保険料を増額してくれる社長もいるかもしれません。「こんな案内までしてくれる保険営業なんて今までいなかった!」と感動してくれる社長もいるはずです。

選べる2つのプラン

率直に言って、この「独占情報」については「終日セミナー」を開催してお伝えするつもりでした。しかし、セミナー会場の手配や自分のスケジュール調整という厄介な準備をする代わりに、販売価格を抑えてテキスト形式にてご提供することにいたしました。

今回ご案内の『ハイパーセレクション33』には2つのプランを用意しています。

プランA

「プランA」は『ハイパーセレクション33』と『77の一問一答集』をセットにしたものです。実は以前より『社会保険料劇的削減プラン徹底攻略プログラム(セミナーDVD)』に付属されている“『77の一問一答集』だけ別売りしてほしい”というご要望をたくさん頂戴していました。そこで今回、『ハイパーセレクション33』とセットでご提供することにしたわけです。それが「プランA」です。

『77の一問一答集』には営業現場でお客様を納得させる「模範回答」や導入実務での「手続き書類」が77パターン収録されています。例えば・・・

  • 提案前に確認すべきチェック項目
  • 提案にあたっての重要ポイント
  • 今後狙い目の業種・業界
  • 提案が難しい業種・業界
  • 節税プランの「名義変更プラン」との比較
  • 保険料支払方法(月・半年・年)における補足説明
  • 課税関係(保険料支払・保険金受取・契約者貸付・解約・名義変更)
  • 課税関係の根拠法及び通達
  • 社会保険料徴収の仕組み
  • 複数法人から役員報酬をもらっている場合の導入プラン
  • 定時決定と随時改定の届け出(手続き方法と提出書類見本)
  • 法定帳簿(賃金台帳と源泉徴収簿)の違い
  • 税理士から横槍が入った場合の対応策
  • 年金事務所の指摘を回避する方法
  • 在職老齢年金支給申請(手続方法と提出書類見本)
テキスト冊子イメージ

・・・などなど、これらを例示しながら“一問一答形式”であなたの疑問にすべてお答えしていくものです。営業現場で『77の一問一答集』をカンニングペーパーとして常時携帯してください。そうすればもうお客様から何を聞かれても、想定外の質問をされても、慌てることなく自信を持って提案できるはずです。

プランAの価格
プランB

「プランB」は『ハイパーセレクション33』のみご提供するものです。『77の一問一答集』は必要ない方、あるいは『社会保険料劇的削減プラン徹底攻略プログラム(セミナーDVD)』(『徹底攻略プログラムセミナー』参加者含む)を購入済みの方は「プランB」を選んでください。

プランBの価格

商品購入のお支払いは代金引換払いになります。弊社からお送りする『商品一式』と引き換えに購入代金をお支払いください。お支払方法は、「①現金」「②クレジットカード」の2つからお選びいただけます。『商品一式』はお申し込み後、5営業日程度でお届けします。

お申込みの流れ
申し込む
悩み多きオーナー社長の救世主になってください

ご存知のとおり、これから消費税が5%から8%に増税されます。消費税課税事業者にとって相当なダメージになるでしょう。僕の会社もそうです。単純計算で納税額が1.6倍です。つまり、今まで5%で100万円納税していた会社は8%で160万円を納税することになるわけです。(今後10%になれば200万円です)

どこの中小企業でも痛いに決まっています。さらに、「平成26年税制改正大綱」を見ると、“(一部業種の)簡易課税のみなし仕入率の見直し”がテーマに挙がっていましたので、消費税についてはさらに課税強化される方針です。(※ちなみに「保険代理店」も一部業種に該当しています)

加えて、社会保険料の負担割合も平成29年までジリジリと増えていきます。

その結果として、中小企業にはこの先何が待っているのか?
何の対策も打たないと、会社と社長の手元に残るキャッシュは確実に目減りするという事実です。

当然、こうした事態に「無関心」でいられる社長などいないでしょう。社長なら誰でも何がしかの対策を探そうとするはずです。そんな中、法人と個人の支出を1円も変えず、社会保険料だけを大幅削減できる『社会保険料劇的削減プラン』はオーナー経営者からますます支持を得られるものと確信しています。

すでに実践者のあなたなら『社会保険料劇的削減プラン』の破壊力はよくご存知でしょう。

『社会保険料劇的削減プラン』を今よりも、もっと、もっと“爆販”したいあなた!

今回の『ハイパーセレクション33』はそんなあなたのためのものです。『ハイパーセレクション36』で完全知識武装して、悩み多きオーナー社長の「救世主」になってあげてください。

そしてまた、あなたの成功報告を聞かせてください。

今回のご案内があなたの業績アップに大きく貢献できることを願っております。
ぜひ営業現場でご活用なさってください。

あなたからのお申込みをお待ちしております。

田中正博
申し込む

追伸
あなたもご存知のとおり、僕たち保険営業マンは知識の「差」を売るのが商売です。知識の「差」こそがあなたの競争力の源泉です。ゆえに、その「差」をどこで生み出すのか。ここが勝負の分かれ道になります。

では、今回の『ハイパーセレクション33』はその「差」を作るのに貢献できるでしょうか?
もちろん、その答えは「Yes!」です。なぜなら、『ハイパーセレクション33』は『社会保険料劇的プラン』実践者だけが知り得る“超”が付くほどの「独占情報」だからです。

あなたに一度でも『社会保険料劇的削減プラン』を提案した「経験」があるならお分かりでしょう。提案した途端、オーナー社長が“前のめり”になって興味を持って話を聞いてくれることを・・・。そして、あなたに1件でも『社会保険料劇的削減プラン』を成約した「実績」があるなら知っているでしょう。成約すれば最低でも月10万円の保険契約になることを・・・。

その「経験」と「実績」を何十倍、何百倍にも上積みさせる“本物の実務ノウハウ” ――
それが『ハイパーセレクション33』です。『ハイパーセレクション35』で完全知識武装したうえで、ぜひとも『社会保険料劇的削減プラン』を“爆販”してください。

申し込む
よくある質問

『ハイパーセレクション33』について、よくある質問とその答えをリストにしました。
お申込みの際の判断材料とされてください。

Q)『社会保険料劇的削減プラン』を購入済みでないと使えませんか?

はい。『社会保険料劇的削減プラン』を購入済みでないと購入できません。その理由は簡単です。『社会保険料劇的削減プラン』を購入いただいてないと、『ハイパーセレクション33』で書かれているケーススタディや実務ノウハウについて理解できないからです。

Q)「サポートサイト(Q&Aサイト)」の掲載内容とは違うのですか?

違います。また、同様に『77の一問一答集』の掲載内容とも違います。『ハイパーセレクション33』は『社会保険料劇的削減プラン』実践者からの成功報告をもとに作られており、あくまでも“個別のケーススタディとその実務ノウハウ”をご紹介するものです。これは成功報告が蓄積されてはじめて公開できるコンテンツになります。(「サポートサイト(Q&Aサイト)」、及び『77の一問一答集』では成功報告をもとにした“個別のケーススタディとその実務”についてはご紹介しておりません)

Q)『ハイパーセレクション33』を手に入れるメリットは何ですか?

このような事例集の最大のメリットは「人の“経験”を自分の“知識”にできる」という点にあります。『ハイパーセレクション33』には『社会保険料劇的削減プラン』実践者の33のケーススタディが紹介されています。これらは全部、実際の営業現場で生まれたものです。考えてみてください。ここで紹介されている33ものケーススタディのすべてを、実際にあなたが経験するのは不可能ですよね。それが『ハイパーセレクション33』を読めば簡単に追体験できるのです。その結果として、自分一人では到底知ることができなかった「実務ノウハウ」まで身に付けられるわけです。これをメリットと言わずして、何と言うのでしょうか!

Q)「プランA」と「プランB」の違いは何ですか?

「プランA」は『ハイパーセレクション33』と『77の一問一答集』をセットにしたものです。実は以前より『社会保険料劇的削減プラン徹底攻略プログラム(セミナーDVD)』に付属されている“『77の一問一答集』だけ別売りしてほしい”というご要望をたくさん頂戴していました。そこで今回、『ハイパーセレクション36』とセットでご提供することにしたわけです。一方、「プランB」は『ハイパーセレクション33』のみご提供するものです。『77の一問一答集』は必要ない方、あるいは『社会保険料劇的削減プラン徹底攻略プログラム(セミナーDVD)』(『徹底攻略プログラムセミナー』参加者含む)を購入済みの方は「プランB」を選んでください。

Q)「旅費規程」は『社会保険料劇的削減プラン』にどう関係するのですか?

「旅費規程」を導入すると、“『社会保険料劇的削減プラン』導入後の手取り減少分を多少なりとも取り戻せる”ようになるからです。「旅費規程」によって社長は出張に関して実費以上の「日当」を受け取れるようになります。つまり、そこで受け取った「日当」で手取り減少分を補填してくださいというロジックです。例えば1年に出張を50日する社長がいたとして、旅費規程上の出張日当が1日2万円だとします。すると、50日×2万円=「100万円」が完全非課税で社長のポケットマネーとして受け取れるというわけです。他にも「旅費規程」を導入することは会社と社長双方に経済メリットをもたらしますが、それについては『節税重視型の旅費規程導入セット』で解説しております。そちらを参照してください。

【免責事項(購入前に必ずお読みください)】

『社会保険料劇的削減プラン』の導入実務にあたっては法令及び通達をもとに確認を取っており、すでに多数の導入実績もありますが、記載内容の効果やメリットを約束するものではありません。最終的な判断は所轄年金事務所(旧社会保険事務所)にご確認ください。また、記載内容に関してトラブルが発生した場合でも著者及び監修者は一切の責任を負いません。すべては購入者の自己責任となります。その点をご了解のうえお申込みください。

お問い合わせは以下へ

株式会社担当営業/「ハイパーセレクション33」係
〒253-0112 神奈川県高座郡寒川町中瀬6-9(OHLビル)
E-mail info@tantoueigyou.com TEL:0467-38-7591/FAX:0467-74-6300